起き上がり&起き上がり介助

本日は仰臥位でのベットからの起き上がりの方法とその介助です。

○起き上がり

1⃣寝返りを行う
2⃣寝返り後、足をベットより降ろす
画像

3⃣床面に近い方の肘でベットを押す(肘が窮屈な場合は肘を手前に引く)
画像

4⃣床面に近い方の手のひらでベットを押す
画像


祝い起き上がり

○次いで起き上がり介助

後方介助の場合
1⃣被介助者の後ろに立つ or 座る
2⃣寝返りのお手伝い
3⃣足を降ろすお手伝い
4⃣起き上がりの際に上に位置する骨盤を床方向に押し込み、被介助者の頭を上腕で支え被介助者の肘を床方に押し込む。
画像

5⃣床面を押している肘から手のひらで床面を押す様に誘導する。(手のひらを押す。)

祝い起き上がり

○座位の際は骨盤が後傾斜してしまうとずり落ち転落の危険性がありますので、起き上がり後は体幹やや前傾にて地面方向へ介助者は絶えず手掌等で圧を加えていると安心です

起き上がりは一例です。
被介助者の御状態にて変えていきますが大切なのは介助者がどこまで出来るのかを把握し必要に応じて足りない部分のみお手伝いする事が大切だと思います。

なお手すりを用いる方法もありますが私は手すりがあっても床面を使って頂きたく思っております。
なぜならば、今後ADLのご回復の訓練を進めていくにあたり「引く」動作ではなく「押す」動作を身につけて頂きたいからです。(特に立ち上がり)訓練中の引く動作は上腕屈筋群を痛めるだけでなく体幹のバランスを崩しやすいので私は使用したがりません。

汚い絵ですいません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック