仰臥位での身体介助

仰臥位のお客様を体交する場合、基点になる場所は肩(肩甲骨)、腰(骨盤)、膝の3カ所が良いと思います。

膝を立てられるお客様でしたら指先一本でも可能な場合もある膝からの体交を

意思疎通が容易でしたら視線誘導で顔から肩から体交を

拘縮がお強い場合には一番強い骨盤からの体交を

心がけています

画像



ちなみにお身体の引き上げの際は「摩擦係数を減らす」これが大事です。

具体的にはベットに対する接地面を出来るだけ減らします。(頸を挙げたり、腕をお腹に乗せたり、膝を立てたり。)
そうすると摩擦係数が減るので介助者の負担が減ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック