トランスファー ~移乗~

本日は移乗について書かせて頂きます。

まず最初に体格や職の専門性の問題で片付けてしまわれない方が良い問題と考えております。

具体的には彼は体格が良いからできるですとか、あの人は理学療法士さんだから特別だとかそういった考えは捨てて行うとコツを掴むと楽な動作です。

私の前職の上司も女性でしたしその他小柄な女性がいとも簡単にしている所を嫌という程私は見てきました

またトランスは全介助~軽介助まで様々ですが基本的にその方がどこ迄自力で出来るのかが重要だと思います。

前置きはさておき

ここでは車椅子からベットにおけるトランスで考えて行きたいと思います。

1⃣ 車椅子とベットの位置

よく介護施設ではベットに対して斜めに車椅子を付けますが私はベットに対して平行に車椅子を付けます。

画像


画像


上の図の方が臀部の落下の危険性もありません。車椅子に跳ね上げがあれば陸続きです。なおスイングアウト機能が無くても足が遠く離れてしまったり、足と臀部の回転角度が少ない訳ですから危険性も少ないのです。

大事な事は臀部及び足の移動角度が少ない事、これが大事だと思います。角度が増えれば増えただけ危険性が増します。

画像


なお下肢においてはベットに近い方の膝関節の方が鈍角で、ベットから遠い方が鋭角で軸足になります。そうしないと足が絡まります。もしくはトランス可能でも力士並みの吊り上げを行う事になります

※全介助の場合、非介助者の足を揃えて被介助者の両膝を介助者の両膝ではさみ両足を軸にして行う方法もあります。なれてくるとこれが一番楽です。ただ支持基底面が狭くADLの回復にも繋がらないので使い分けが肝心です。


2⃣支持する場所

その方の介護度によって変わりますが基本的に上肢は腋窩を支えます。介助者は被介助者の脇に手を入れ握らずに手をパーにして背屈させ手首で支持するか、握るのであれば肩甲骨を支持します。

下肢においては床反力の有無で変わりますが基本的に軸足に対して、例えば上の図であれば屈曲できる左下肢において介助者が両膝で被介助者の膝を固定し(もしくは介助者の右足を被介助者の左足にクロスさせる様にし)膝が前方に出ない様にする。

ここでは軸足がどちらなのか?
軸足が前に滑らない様に固定されているか?(床反力がしっかりしていれば介助の必要性は無い。)

が大事だと思います。


3⃣頭部はお辞儀をする様にして臀部を挙げ移乗。

前述の立位でもそうですが被介助者を引っ張り上げるのではなく、被介助者の立つ力を利用し浮いた臀部の空間移動のみ助けます。

プロレス技みたいですが場合によっては介助者の脇に被介助者の頭を逃がします。

絵が描けないので判り辛いと思いますが以上になります。

トランスは麻痺の有無や環境によって様々ですが基礎はとても大切で基礎がしっかりしていないと腰を痛めます


以上トランスを書かせて頂きました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック