アイスバケツチャレンジ

私のお客様にALS(筋萎縮性側索硬化症)の方々がおります。

テレビでいろんな方が氷水を被っているのを見てまさかALSに関する事象だとは思いませんでした

私が偉そうな事は言えませんがALSは本当に大変なご病気だと思います。

色々な事でこの病気の事が広まり研究資金が増えるのであれば良いと思います。

ただ氷水を被るとか3人を指名しなければ・・・とか言うのは違和感を憶えます。

氷水を被る事で本当に寄付をされてないとしたら悲しいです。

患者さん達が良しとするならばそれで良いのですが・・・。

このご病気はとても永い戦いです。患者さんのご家族も闘ってらっしゃいます。

進行性に筋肉が動かなくなるっと一般に言われておりますが個人差もあり全ての方がロックイン(意思表示が全く出来なくなる)される訳でもなく現状維持を上手く保たれ日々の生活を上手く過ごされている方もおります。

関わっている者としてどうか研究が進み治療や薬が出来る病気になって欲しいと思う事と寄付の方法がもう少し大人なやり方だと良いのではないかと、でも認知度が広がるのなら良いのではないかっとか個人的にいろんな感情が交錯します。

ただ純粋に私としては武井壮さんや大江千里さんの考え方に賛同してしまいます。

わずかながらこの病気の方とご家族に従事している私の勝手な感想です。

↓↓~8月22日追記~

よくよく調べましたら皆さん氷水もかぶり寄付もされているみたいですね
そういう事でしたら私もやってみたいです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック